【バカ売れ】イクオスが20代の若者(若ハゲ)に人気な理由を徹底調査!

食生活の乱れやストレスなどから、中年層だけでなく、20代の若者の中にも薄毛に悩まされる人が増えてきました。

今回はそんな若者に向けて、イクオスの効果や価格などをわかりやすくご紹介して行きたいと思います。

【イクオス紹介の前に】20代の薄毛原因とは?

中年層や老年層が主に悩まされてきた薄毛の問題ですが、20代の薄毛とは原因や回復速度が違います。

加齢とともに薄毛のリスクが上がる原因として、DHT(脱毛因子の元となる物質)が増えることにより起こるAGA(男性型脱毛症)が挙げられますが、20代でこのAGAで薄毛になる可能性は低いと言われているのです。

年代 AGAの割合
20代 6%
30代 12%
40代 32%
50代 44%
60代 51%
70代 61%

表から見て取れるように、20代のAGA発症率は極めて低く、その他の原因が関与している可能性が高いと言われています。

その原因を大きく3つに分けて見ていきましょう。

①ストレスで頭皮に血行不良が起きる

20代と言えば、社会人になって間もない人が多い世代でもあり、慣れない生活にストレスを抱える人も少なくないでしょう。

このストレスで自律神経が乱れ、血管収縮が引き起こされることによって、頭皮も血行不良になります。

頭皮の血行が悪くなると何が起こるかというと、血中からアミノ酸や亜鉛を取り込み、髪の毛を作る機関である毛母細胞にしっかりと栄養を送れなくなり、髪の毛の質が弱くて細いものになってしまうのです。

②食生活の乱れによる栄養不足

20代になるとお酒の場が増えたり、一人暮らしを始めて家事が面倒だからと外食やインスタント食品で食事を済ませたりと、かなり栄養が偏りがちになっている人も多いのではないでしょうか。

先ほど述べた血行に問題がなくても、髪に与える栄養が摂取できていなくては意味がありません。

髪を育てるにはタンパク質やビタミン、亜鉛など、様々な栄養が必要になりますので、食生活はかなり影響を与えると考えられます。

③頭皮の環境が悪くなっている

頭皮はいわば髪が育つ土壌です。植物がやせた土地で生き生きと育たないのと同じように、髪も頭皮環境が悪ければしっかりと育ちません。

頭皮環境が悪化する原因
  • ストレス
  • タバコやお酒などの嗜好品
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠、運動不足

などによって、頭皮の乾燥や炎症でフケが出たり、逆に皮脂が多く分泌されすぎて毛穴が汚れやすくなるなど、様々な悪影響が出てきます。

上記に当てはまる人はそもそも、身体にいいとは言えない生活習慣を続けているわけですから、頭皮に影響が出るのは当然ですよね。

イクオスが20代の薄毛原因に効果的である理由

さて、20代の薄毛の主な原因を3つあげましたが、イクオスがこの原因にどのように対応してくれるのでしょうか。

これを見るとイクオスが20代にも人気の理由がわかるかもしれません。

①頭皮の血行を促進してくれる

イクオスには、ストレスや肥満による血行不良の改善に効果が期待できるM-034やニンジンエキス、ドクダミエキスが配合。

それだけでなく、さらに血行を促進する成分として、センブリエキスやシラカバエキスなど7種類の成分も配合されています。

これらのエキスの作用により、頭皮の血行状態が向上し、毛母細胞までしっかりと栄養を届けることができるようになるのです。

②サプリで髪に必要な栄養補給ができる

イクオスには育毛剤だけではなく、イクオスサプリEXという商品もあります。

このイクオスサプリEXは育毛サプリには欠かせないと言われているほど発毛促進力が期待されているノコギリヤシをはじめ、髪の素となるケラチンをアミノ酸から作る亜鉛やダイズエキス、血行を促進するカプサイシンなどを網羅。

実に46種類もの成分を配合し、業界トップレベルの育毛サプリメントとなっているため、20代の食生活が乱れ気味な人の栄養補給にぴったりなのです。

③悪化した頭皮環境を整えてくれる

フケや痒みにより炎症、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌などの悩みもしっかりカバーしてくれているイクオス。

グリチルリチン酸やジフェンヒドラミン、センブリエキスの抗炎症作用で頭皮の環境を改善し、強い髪の毛が育つ土台を整えてくれます。

皮脂のべたつきやフケを抑え、清潔感が出るという点でも嬉しい作用ですよね。

イクオス以外の選択肢、リアップやプロペシアは?

CMでおなじみのリアップや、薄毛に有効とされるプロペシアなどの医薬品が気になるという方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと20代の薄毛には、これらの医薬品は必要がない場合の方が多いです。

リアップやプロペシアは30代以降のAGAによる脱毛には効果がありますが、最初に述べた通り、20代のAGA発症率は極めて低くなっているため、あまり意味がないと言えます。

作用の強い医薬品は副作用も大きい

医薬部外品のイクオスは、天然由来成分で構成されていて効果が緩やかな分、体に悪い影響を及ぼす副作用はほぼないと見てよい製品ですが、医薬品は副作用が出る可能性が高くなり、リアップにおいては8.82%の確率で副作用が起きると言われています。

リアップではミノキシジルによる「かぶれ」「痒み」、プロペシアではフィスティナリドによる「性欲減退」「勃起不全」などの副作用が見られると言われています。

特にプロペシアに関しては男性不妊の可能性もあり、服用中止後も数年影響が出る場合もあるくらいの強い薬ですので、AGAの可能性が低い20代の人がリスクを取ってまで使用する必要はないでしょう。

育毛シャンプーで発毛を期待するのは論外

最近ではスカルプケアシャンプーの数が増え、CMや雑誌などで見かけることも多いですが、シャンプーで育毛しようと言うのは間違いです。

正確に言うと、スカルプ系のシャンプーは、あくまでも頭皮を低刺激で清潔に保つことをメインに使うのが正しい認識で、発毛促進効果があると考えるのは間違いです。

しかも、育毛シャンプーは普通のシャンプーと比べれば高価な物ですので、お金に余裕がある方を除いて、シャンプー代を育毛剤に使った方が賢明と言えます。

「育毛」を重視するならきちんとした育毛剤を使い、シャンプーを使うとしても育毛剤の効果を少し補助してくれる程度のものと考えましょう。

イクオスを購入したことを身内にばれたくない

いくら歳を重ねても、髪の悩みというのはとてもデリケートなものです。ましてや20代で薄毛に悩まされている人にとっては、家族や彼女にバレたくないと考える人が多いのではないでしょうか。

「箱に商品名が書かれているのでは?」「自分が留守の間に誰かが受け取って伝票を見てしまわないか心配」と不安かもしれませんが、イクオスの公式サイトから購入しても、無地の段ボールで育毛剤の記載などもない状態で届きます。

家族と住んでいる人や、同棲している人などが安心して購入できる配慮ですよね。

そんな気遣いや購入後のサポートをしてくれるのはイクオス公式サイトからの購入した場合のみですので、ぜひこちらから申し込みしてくださいね。