イクオスの製造会社と販売会社(キーリー)は別?怪しくないの?

育毛促進効果に期待できるだけでなく、購入後のサポートも充実していることで話題のイクオス。

しかし、販売しているところを辿って調べてみると製造元と販売会社の名前が違う!と気づいた方もいるのではないでしょうか。

これはどう言うことなのか、そしてイクオスを安心して買っても良いのかを調べてみました。

イクオスの正規販売会社キーリーについて

まずはじめに、「株式会社キーリー」についてですが、こちらの名前はイクオス公式サイトにも明記されていますので、見覚えのある方もいらっしゃると思います。

会社概要によると、2014年5月に設立された会社で、千葉県の船橋市に本社を構え、東京都江東区と沖縄県那覇市に支社を置いている様子。

また、従業員数は50人に満たない程度。あの手厚いサポートをこの人数のみでこなし、設立数年でイクオスをヒットさせたと考えると、かなりすごい会社なのではないでしょうか。

主要取引先がすごい

ヒット商品を販売しているとはいえ、まだ会社としては設立されて数年ですので、概要を見ただけではイマイチ信頼度は測れません。

しかし、主要な取引先を調べてみると「佐川フィナンシャル」「ヤフー」「楽天銀行」「千葉銀行」などかなり大手の企業の名前が挙がっています。

これらの企業が取引を行っていると言うことは、キーリーがきちんとした会社であるという信頼性につながりますね。

イクオスの製造元は一体どんな所なのか

先程挙げたキーリーの取引先の一番はじめには「天真堂」と言う会社の名前が書かれているのですが、実はイクオスを実際に作っているのはこの会社です。

1986年12月に設立された天真堂は、東京都江東区に本社を構え、資本金がなんと1億6,960万円とかなり大きな企業であることが伺えます。

一体どんな事をしているのかと言うと、医薬部外品や機能性食品を作り、それを別の会社のブランドで販売するという、所謂OEMを行っている会社です。イクオスもその中の1つの商品なんですね。

イクオスのライバル製品も製造している?!

天真堂の取引先には、イクオスのライバル商品とも言えるブブカの正規販売会社「T.Sコーポレーション」や、チャップアップの正規販売会社「ソーシャルテック」なども記載されています。

実は、人気の高いM-034系の育毛剤の大半が、この天真堂によって製造されているのです。

とは言え、イクオスの独自成分アルガス-2をはじめ、各ブランドが差別化を図った成分配合をしているので、もちろん同じものというわけではありません。

第二類医薬品の製造販売許可もある

天真堂はイクオスやその他の育毛剤が指定されている医薬部外品の製造販売許可はもちろんのこと、それよりも効果が高いと認められる第二類医薬品や、化粧品の製造販売許可も持っています。

さらに

  • 日本家庭薬協会
  • 日本化粧品工業連合会
  • 日本通販CRM協会

などの団体にも所属しているため、他社との交流もあると見られます。

さらに取引先の金融機関を見ると、三井住友銀行やみずほ銀行などの大手銀行や、その他の銀行とも取引があるので、かなり信頼性の高い会社であると言えるのではないでしょうか。

販売戦略にも関わる天真堂

天真堂は製品を製造するのみでなく、パッケージや商品名などを依頼主とともに決めたり、通販ノウハウを提供していたりと、販売戦略にも関係している様子。

どんなに良い中身でも、売り出し方がきちんと整っていないと魅力が伝わりませんし、人気が出ることもありません。

キーリーが天真堂と手を組んでできたイクオスも、販売戦略に基づいて出来た人気製品の1つというわけですね。

イクオスの出所は安心できる会社だった!

販売元のキーリーと聞いてもピンとこなかった人や、製造元と販売元が違うことから不安を感じていたという人も、この記事を読んで「そういうことだったのか」と理解していただけたかと思います。

イクオスは30年以上の歴史を持つ天真堂が、製造から販売の流れまでをサポートしているからこそ出来た人気商品とも言えるものですので、安心して購入できる商品だと考えていいと思います。