イクオスはDHTを抑制する?AGAに効果が期待できる3つの理由とは?

年齢に係わりなく、ある日突然やってくる男性型脱毛症AGAによる、生え際の後退や頭頂の薄毛。

この記事ではそんなAGAのメカニズムや、育毛効果が期待できると話題のイクオスがどのように作用するのかなど、ご紹介したいと思います。

そもそもAGAとは、どんなものなのか

最近では雑誌やCMなど、メディアでもよく聞かれるようになったAGA(男性型脱毛症)ですが、なぜそんな症状が現れるのか、詳しくはご存じない方も多いのではないでしょうか。

AGAの原因は主にDHT(ジヒドロテストステロン)が、受容体と結びつくことによって、脱毛司令を出す物質になってしまうことです。

しかもこのDHTは、誰でもっている男性ホルモンが、5αリダクターゼという物質に反応することによって生成されてしまうのです。

2つの脱毛司令物質

DHTが受容体(アンドロゲンレセプター)と結合してできる物質として、脱毛因子の「TGF-β」と脱毛司令物質「TGF-5」の2つがあります。

TGF-βは毛母細胞の分裂を弱める働き、TGF-5は脱毛を促す働きをしてしまうことがわかっています。

この2つの物質が増える事によりヘアサイクルの乱れが進み、生え際の後退や薄毛を引き起こすことをAGAと言うのです。

イクオスがAGA抑制に期待できる理由3つ

AGAの原因がわかったところで、イクオスがどのような働きで抜け毛を抑制してくれるのか、大きく3つに分けてみていきたいと思います。

①5αリダクターゼをブロックする

AGAを防ぐにはそもそも、脱毛因子ができてしまう原因であるDHTの生成をしっかりと抑えることが大切です。

イクオスに含まれている「オウゴンエキス」「ダイズエキス」「クララエキス」「ビワ葉エキス」「ヒオウギ抽出液」の5つが、男性ホルモンをDHTに変えてしまう原因の5αリダクターゼをブロックし、AGAの大元の原因を防いでくれます。

②すでに生成されたDHTの働きも抑制

医薬品のプロペシアなどは新たなDHTは抑制できても、すでにできたDHTには対応していませんが、イクオスは生成が防ぎきれなかった、またはすでに生成されてしまったDHTの働きを抑制する成分も含まれています。

シャクヤクエキスやゴボウエキスなど、8種類の成分がDHTと結びつき脱毛司令を出す物質を包囲。

しかもイクオスに含まれる成分は全て天然由来のものなので、医薬品の様な強い副作用が起こる可能性はありません。

③イクオスサプリとの併用でさらにAGAに対抗

育毛ローションはもちろんのこと、イクオスのサプリメントにも脱毛を防ぐための成分や、発毛を促す成分がたくさん含まれており、身体の内側からもAGAに対抗できます。

特に注目するべきは、育毛サプリには欠かせないと言われている「ノコギリヤシ」と「イソフラボン」の2つ。

ノコギリヤシを一日に320mg投与し続けた結果、38%にAGAの症状の回復が見られた研究結果や(米国立生物工学情報センター)、イソフラボンの摂取によってDHTの血中濃度が低下したという発表(国立がん研究所)など、2つの効果は裏付けされています。

イクオスは財布に優しく続けやすい

乱れてしまったヘアサイクルを整えるのには、最低でも半年以上の長い目で育毛することが必要になってきます。

イクオスなら、育毛剤のみの定期コースが5,980円、サプリメントとのセットでも6,980円と、かなり続けやすいお値段になっています。

よく効果を比較されがちな、チャップアップ9,090円と比べてもかなりお得ですし、チャップアップは成分量が表示されていないのに対し、イクオスはきちんと表記されていると言う点でも安心感があります。

イクオスがAGA抑制に役立つ理由まとめ

  • DHTの発生を抑制
  • すでに発生してしまったDHTの脱毛因子化を抑制
  • 発毛を促す効果
  • サプリメントで体の内側からもケアできる
  • 長期間続けやすいお値段

など、AGAに対抗するための好条件が揃ったイクオス。

天然由来の成分で出来ているので、医薬品より効き目は緩やかですが、副作用の強い医薬品を使うのには抵抗がある人や、体に合わないのではないか、と言う人にはおススメです。

また、まだそこまで気にはならないけど、早めに対策をしておきたいと言う人も手に取りやすい商品だと思いますので、是非イクオスを頭皮ケアに役立ててくださいね。

私のイクオス体験談もぜひ読んでみてください!